インフルエンザを予防すれば感染しにくくなる

経口補水液を活用する

マスク

高熱のために水分が必要

病気になると熱が高くなる場合があります。あまり高い状態が続くと、体に大きな負担がかかります。解熱剤などを利用することもあります。ただ、熱が出るのは体が病原体と戦っている状態といえます。それを考えると、むやみに解熱剤を利用するのは良くありません。インフルエンザの症状の一つとして高熱があります。かかってすぐ高熱になることがあり、その分汗もかきます。すると口が渇くことがあります。この状態を予防するにはどのようにすればよいかです。単純には水分補給をすることでしょう。インフルエンザでは、高熱以外にも胃腸に一定の症状が出る場合があります。下痢などになるとやはり脱水状態になります。それを予防するためにも水分補給が必要になります。インフルエンザにかかったときに口の渇きを解消、予防するのであれば、まずは普通の水を用意します。この時、お茶やコーヒーなどカフェインの入っているものは避けます。利尿作用が強いため、尿として出してしまう可能性があります。インフルエンザの時にのどが渇くのを予防するのに良い飲料として、以前から言われているのはスポーツドリンクです。汗をかいて水分が少なくなっているとき、適切な浸透圧に調整されているので吸収しやすくなっています。スポーツドリンクよりも良いとされているのが、経口補水液と呼ばれる飲み物です。夏に熱中症予防などで使われることが多くなりました。スポーツドリンクよりもより水分の補給がしやすくなります。ドラッグストアなどで簡単に買えます。