インフルエンザを予防すれば感染しにくくなる

ワクチンは有効なのか

細菌

デメリットも知って

インフルエンザを予防する方法の中でも、効果が高いと言われているのが予防接種です。これを毎年欠かさず接種するという方も多いのではないでしょうか。では具体的にインフルエンザワクチンとはどのようなもので、どんな効果を期待できるのかチェックしてみましょう。インフルエンザワクチンは、その年に流行しそうなウイルスの種類や、免疫力なども考慮してその年の種類が決定されます。インフルエンザワクチンは「接種すれば必ず病気を予防できる」というものではありません。残念ながら予防接種を打っていたのにも関わらず、罹患してしまう方もいます。子どもの場合は2回注射をしなければならないので、精神的、金銭的な負担も大きくなりがちです。しかしワクチンには、「万が一発症した場合でも、その症状を軽くしてくれる」というメリットもあり、子どもへの接種も推奨されています。インフルエンザワクチンはもともと、大流行を防ぐためという意味合いもあります。発症してしまったからといって、全く効果がないというわけではありません。とはいえ、ワクチンでの予防するのに注意が必要な方もいますし、ワクチンで副作用が起きてしまう可能性もあります。不安な点は接種する前に医師に確認しておくと良いでしょう。また予防接種に含まれる成分によってアレルギー反応が出てしまう方もいるので、きちんと自分の状態を医師に伝えるようにしましょう。このようにメリット、デメリットをそれぞれ理解することが大切です。またたとえ接種したとしても、油断は禁物です。手洗いやうがいなどで病気の予防に努めてください。

経口補水液を活用する

マスク

インフルエンザに感染すると、高熱が出るために汗が大量に出ます。すると口が渇きます。下痢の症状も出ることがあり、それによっても口が渇きやすくなります。それを予防するなら、スポーツドリンクや、経口補水液などを利用します。

基礎的知識を持っておこう

夫妻

インフルエンザのいちばんの予防策は、インフルエンザワクチンの接種です。効果を発揮するには接種から2週間程度してからになりますので、早めのワクチン接種が大事です。そのほかの予防策としては、マスクの効果的な使い方を知っておきましょう。

風邪との違いを把握

ウィルス

風邪とインフルエンザは、症状が似ているとされています。そのため、病院に行かなかったり、行くのが遅れることがあります。症状を知っていると、早めに病院に行けるので重症化を予防できます。重症化しない薬などを利用できます。